コストの計算がしやすい

会社の事業を行っていく上で電話対応は必要不可欠な仕事です。しかしながら、スタッフのみで対応していると従業員が多くいる大企業ならともかく、中小企業ではどうしても人員は限られていますのでスタッフ不足になりがちです。そこで登場するのが電話代行サービスです。会社にかかってきた電話は社員ではなくオペレーターが代わりに対応してくれるのです。 この電話代行を利用するかどうかの基準として挙げられるのがコール数です。電話代行サービスは基本的にコール数に応じて料金プランが設定されているので、自社にかかってくるコール数がある程度わかっていれば、実際に電話代行にいくらかかるのかあらかじめ推測することができます。そうしたコスト計算が正確にできるのがコール数で利用することのメリットの1つです。

コスト低減につながる

コール数で電話代行を利用することのメリットのもう1つは、コストを低く抑えることができる可能性があることです。電話代行サービスの料金は大きく分けると2種類あります。月額固定制と従量制です。月額固定制はコール数関係なく毎月支払う金額が決まっています。それに対して、従量制の場合は月額基本料金は固定で毎月支払わなければいけませんが、それに加えてコール数ごとの料金を支払うというものです。たいていの電話代行サービスは従量制を取っていますが、まれに月額固定制の会社もあります。もし1日あたりのコール数がそこまで多くない場合は従量制で申し込み、コール数が非常に多い場合は月額固定制で申し込んだ方がコストを低く抑えることができます。

電話代行サービスは簡単に言ってしまえば、その企業の電話業務の一部または全てを委託することができる代行業者のサービスを指します。時間を取られやすい電話対応をお願いすることができるところがポイントです。